更年期障害とプラセンタ

スポンサードリンク

更年期障害といえば、50歳前後の女性がかかる病気というイメージが強いですが、最近ではそれよりもはるかに若い20~30歳代の女性が同じような症状にな約ケースが増えているようです。(若年性更年期障害)また、更年期障害は女性だけに限らず男性にも起こります。加齢とストレスなどが原因で、男性ホルモン(テストステロン)が減少し不快な症状を引き起こします。

肩こりや頻尿、めまい、立ちくらみ、のぼせ、イライラなど、その症状は数え上げたらきりがありませんが、これら症状は主に女性ホルモンである「エストロゲン」の急激な減少によってホルモンバランスが崩れてしまい自律神経を乱すことで引き起こされることがわかっています。

女性にとって大変な重荷となるこれら更年期障害の症状を軽減する効果がプラセンタにあります。

更年期かしら、体調が…

プラセンタの内分泌調節作用が乱れたホルモンの状態を調整し整える作用があることから、定期的にプラセンタを投与することで、更年期障害による諸症状を軽減・緩和することがで可能となるのです。
また、同じくホルモンバランスの乱れを原因とする精神面の不安定といった症状にも改善効果が期待できます。

プラセンタは更年期障害の注射薬として、厚生労働省の認可を受け、効果の認められた医薬品です。

スポンサードリンク
Filed under: プラセンタ効果 — admin 12:04 AM