プラセンタの種類

スポンサードリンク

今話題のプラセンタは、ほ乳類の胎盤を主原料としていますが、人間の胎盤は医療分野のみが使用でき、製造も認可された製薬メーカーだけが許されるものとなっていますので、健康食品やサプリメント、化粧品などで使用されるプラセンタは、豚の胎盤を使用したものが主流となっています。その他、羊や馬の胎盤のものも研究開発が進んできています。また、最近では「植物性プラセンタ」という商品も発売されています。これは植物の胚芽を主原料としたもので、大豆やライ麦の胚芽から抽出した成分がプラセンタと似た働きをするため「植物性プラセンタ」と呼ばれていますが、従来からある動物性のプラセンタとは本質的に異なるものです。

各種プラセンタの特徴

ブタ由来プラセンタ(豚プラセンタ)

豚の胎盤を使って作られたプラセンタです。牛由来のプラセンタが狂牛病問題で使用できなくなったため、豚のプラセンタが多く使用されるようになっています。
ブタ由来プラセンタは、人間の組織に非常に良く似ているということから相性がよく、現在で美容目的として主に使われています。ただ、動物性のプラセンタは匂いがちょっと気になるということもあるようで、そこが欠点と言えなくもありません。

ウシ由来プラセンタ(牛プラセンタ)

牛の胎盤を使って作られたプラセンタ。かつては美容用のプラセンタといえば、牛プラセンタが主流でしたが、牛海綿状脳症(狂牛病)が問題になってから、厚生労働省の通達により使用が禁止されるようになり、今ではその姿を見ることはほとんどありません。
ちなみに狂牛病は、正式名「クロイツフェルト・ヤコブ病」と言い、100万人に1人の割合で発病すると言われている病気のことで、現在の医学では治療法は確立されてはいないようです。

ヒツジ由来プラセンタ(羊プラセンタ)

羊の胎盤が原料です。このプラセンタは使われる羊の種類よりも、育った環境が重視されているようで、飼育されている環境・飼料などにり、より自然に近い状態で育った安心できる動物が使用されています。ニュージーランドやスイスなど手付かずの自然が多い地域が原産国となっている製品に高い信頼性がおかれているようです。

ウマ由来プラセンタ(馬プラセンタ)

馬の胎盤を使ったプラセンタです。総アミノ酸含有量が、豚プラセンタの250倍以上ととても豊富で、最近注目を集めているプラセンタです。

ヒト由来プラセンタ(ヒトプラセンタ)

人間の胎盤から作られるプラセンタです。人が使うのですから、人の胎盤から抽出した成分を使うのは最も自然な姿であるとも言えます。
ヒトプラセンタは、現在医療用に限ってその使用が認可されています。日本国内の医療機関からHBV(B型肝炎)、HCV(C型肝炎)、HIV(エイズ)等に感染していないか検査され、安全性の確認された健康な産婦からの満期正常分娩の胎盤のみを、同意を得た上で収集し、利用しています。以前は、妊娠・中絶といったことでプラセンタを手にするという社会問題も起こったそうですが、今ではそのようなことはないようです。

植物由来プラセンタ(植物プラセンタ)

主に大豆やライ麦、アセロラ、トウモロコシといった植物の胚から抽出したエキスを原料としています。胚には植物の成長期に重要な作用をする栄養素が豊富に含まれていますが、植物性プラセンタには、アミノ酸やビタミン、ミネラルが豊富に含まれているものの、プラセンタの最大の特徴である動物性の成長因子は含まれていません。ですので、植物性プラセンタは本物の動物性プラセンタとは本質的に違うものだといえます。
植物性プラセンタには、アミノ酸やビタミン群、ミネラル類などによる美肌・美白効果を期待することはできても、動物性プラセンタの成長因子による細胞活性効果までは期待できないということになるようで、今でもその効果については賛否両論があるようです。

スポンサードリンク
Filed under: 基礎知識 — admin 11:53 PM